視覚障害をお持ちの方の職域拡大へ

本日はこちらのニュースについてお話します。

NTTアイティが視覚障害者も操作可能なテレワークツールを発売、Web会議等を活用

===============================================
NTTアイティは2010年8月25日、同社のWeb会議システム/サービス「MeetingPlaza(ミーティングプラザ)」とPCを遠隔から操作できるリモートアクセス「マジックコネクト」を、視覚障害者も操作可能なテレワークツールとして9月1日から販売開始すると発表した。

「MeetingPlaza」は、2001年6月から提供開始され、国内で3000社以上の導入実績を持つWeb会議システム/サービス。また、「マジックコネクト」は04年9月から提供開始され、手元のPCにUSBキーを挿すだけで、インターネット等を介して社内の自席PCなどを遠隔操作できるソリューションで、国内1000社以上が導入している。どちらも社外や在宅での業務遂行を可能にするツールとしてテレワークでも活用されている。

NTTアイティは今回、キーボード操作により主要な動作・機能の指示を可能とし、表示内容を特定のソフトで音声読み上げ可能にした「MeetingPlaza」と「マジックコネクト」の高機能版を開発。視覚障害者も操作可能なテレワークツールとして提供を開始する。販売形態は、 ASPサービスおよびシステム販売の2形態を用意する。
===============================================

障害者雇用を考える上で技術の進化は切っても切り離せませんよね。

PC、車いす、テレワーク、、、
今では障害者雇用を考えていく上で必要不可欠となっています。

こういった開発が促進されるためにも、

開発した企業に対する報償制度などがあれば
より、開発が普及するかもしれませんね。

引き続き、このような情報をお伝えしていきたいと思います。

それでは今回はこのあたりで。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
  にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村
  にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ